06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

下町労働運動史 78

2018/03/06
下町ユニオンニュース 2018年3月号より

戦前の下町労働運動史 その40  小畑精武

東京モスリン亀戸、金町の闘い・上    

 東京モスリンは一八九六年に東京モスリン紡織株式会社として設立された日本最初の毛織会社です。山内みなの自伝(本誌⒒⒓号)や細井喜久蔵の「女工哀史」(一九二五年)にその厳しい労働実態が明らかにされています。この年綿糸輸出量が輸入量を上回り、日本は繊維産業大国の道を歩み始めます。
東京モスリン亀戸工場(現文花団地)では一九〇九年に最初の争議が起っています。山内みなが最初に参加したストは一四年。この年第一次世界大戦が始まり、日本の綿布輸出が輸入を上回ります。その後も、二六年、二七年(亀戸工場)、二八年(金町工場)、二九年(吾嬬工場)と恐慌の時代には毎年争議が発生しました。さらに、東洋モスリンの大争議が三〇年に闘われ、三一年には日本の中国(満州)への侵略が本格化。三二年には日本の綿業は最盛期を迎え、三三年には日本の綿織物の輸出が世界一になりました。
 当時東京モスリンは、亀戸工場一〇六九名(男二五四、女八一五名)、吾嬬工場(墨田区)一六八七名(男二七九名、女一四〇八名)、金町工場(葛飾区)八二一名(男一六六名、女六三〇名)、沼津工場八一〇名(男一八〇名、女六三〇名)と八割が女性でした。
 東京モスリン 亀戸工場
   東京モスリン亀戸工場

 会社は業績不振を理由に三二年以降、昇給停止を行い従業員もそれを受け入れます。しかし低賃金の女性、青年労働者や家族持ちの労働者はたびたびの操業短縮による減収で生活が厳しく、定期昇給を求める声をあげます。金町工場を除く亀戸、吾嬬、沼津工場で全員の「定期昇給五銭」を要求することになり、定期昇給獲得実行委員会を三四年五月十八日に結成、社内組織工友会長はじめ交渉の代表者を選出します。亀戸工場には「全労紡織亀戸支部」、吾嬬工場には全労と総同盟の組合が組織され、両工場とも東京モスリン労働組合連盟に加入、全国労働組合同盟も支援を決定しました。

 賃上げ求め女性・青年が奮闘

 会社は昇給案(男子二銭、女子平均一銭三厘、最高三銭~最低一銭)を提示。これに対し低賃金の女性と青年は闘争心に燃えたものの、吾嬬、沼津など他の工場は会社案を受け入れます。高給者は闘争後の犠牲を恐れ消極的となり、女性・青年労働者を収める方向に向かいます。工場間の共闘も職場労働者の連帯も崩れたのです。会社は、従業員がサボタージュやストに入れば解雇も辞さずと強行姿勢を示し、ついに亀戸工場の労働者は会社案をのむことになりました。
交渉委員は総辞職しましたが、解雇者を出すことなく、二一日間の闘争に終止符が打たれ吾嬬警察署は「警察事故無く円満解決した」と警視庁に報告しています。

 「整理解雇」 会社の追い討ち
 定昇問題解決後一カ月もたたない六月一五日、会社は事業不振を打開するためにと、高給者と出勤率・作業能率が低下している女工一〇〇人ほどを整理解雇しようとする人員削減「合理化」をかけてきました。
応募者には、①退職金に上乗せ一割~一割五分の割増手当支給、②特別手当日給の六〇日分支給、③応募者がいない場合には指名解雇、④病気欠勤一か月以上は解雇などの条件を提示。これに対して、女工達は上部団体である全国労働組合同盟に直ちに連絡を取り、その日のうちに女工大会を開いて会社に整理案の撤回を申し入れます。会社は一蹴!
一〇〇〇人の従業員大会を午後二時から開催。その間機械の運転が止まり、工場長の説明には投石者が出る始末。説明に納得しない労働者は従業員大会に移り、「整理解雇絶対反対、工場長排斥、犠牲者絶対反対、問題への経費全額会社負担」の四項目を提出、ストも辞さない姿勢を示しました。会社は「至急本社と打ち合わせのうえ回答する」と述べ散会となりました。(続く)
 【参考】警視庁争議報告

00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

シノブフーズ(株)の外国人労働者の労災隠し、解雇、セクハラを許さない!

2018/02/22

シノブフーズ㈱はウソをつくな!
労災隠し、解雇、セクハラを認め、謝罪しろ!
外国人労働者の人権を守れ!社会的責任を果たせ!
セクハラ、労災隠し、ウソとダマしの「退職届」「誓約書」を許さないぞ! 

組合員のブラジル人のAさんは、シノブフーズ千葉工場で2016年12月20日から働き始めました。しかし、1月20日頃、ポルトガル通訳でもある総務課のチン係長から電話で「試用期間が終わり採用されないことになった」と解雇を告げられ事務所から退職の書類をもらうように指示されました。 

28日の夜勤に出勤し事務所で書類をもらったAさんは仕事が終わる29日午前4時半頃に炊飯室で台車に積み上げられていたバットが崩れ落ちケガをしてしまいました。バットが崩れた音で駆けつけたベトナム人の派遣労働者にAさんは助け起こされました。29日は日曜であったので翌30日、知人の日本語の出来るブラジル人に付き添われ病院に行きました。「頭部打撲 背部打撲 右手関節部打撲傷」「10日間の自宅安静」との診断書を会社に提出しました。

普通であればこの診断書をもとに会社が労災手続きを行なうところです。しかし診断書を提出しているにもかかわらずAさんのケガをした部位を確認したいと大内総務管理課長とチン係長が言ったのです。Aさんは痛みで一人で服を着ることも出来ない状態でした。するとベトナム人の女性社員を呼んで上着だけでなく長袖Tシャツも男性二人の前で脱がせたのです。

会社は、セクハラ行為、嫌がらせとも取れる行為をしたあげく、2月3日には①治療費と薬剤費は会社が払う、②本件(Aさんのケガ)は現場責任者への報告も無く目撃者の証言から判断して労災事故とは認めらないこと、③一身上の都合により、1月30日で退職すること。この3点を合意し今後は訴訟および請求はしないと、日本語のみで書かれた「誓約書」をAさんに内容をきちんと通訳せずダマしてサインをさせたのです。

また、Aさんが「会社から解雇された」とポルトガル語で書いた「退職届」を提出すると受理できないと突き返され、「イッシンジョウノツゴウ」とパソコンで記載された「退職届」を持ってきて「解雇と同じ意味だからと」説明され、まったく日本語が読めないAさんをダマしてサインをさせました。

外国人差別をやめろ! 法令を遵守せよ! 人権を守れ! 社会的責任を果たせ!

セクハラ、労災隠し、解雇されたAさんは精神的ショックを受けたことや問題にすると夫が勤めている派遣会社にも影響がでると聞かされてなかなか声をあげられませんでしたが勇気を振り絞ってユニオンに加入し昨年11月から会社と団体交渉を開始しました。これまでの2回の交渉で、会社はセクハラや解雇、労災、ウソの説明でサインさせるなどについてまったく認めず、ただ『「誓約書」を取得し、労災申請の要否判断をするなど、手続きの一部に不備があった事は認めざるを得ません。』と開き直っています。

会社が言っているとおりAさんにキチンと通訳して内容を理解し納得して「退職届」や「誓約書」にサインしたのであれば、なぜAさんは体調を崩して9ヶ月も経って声をあげたのでしょうか?

Aさんのケガが労災でないのならば、なぜ会社は治療費や薬代を払ったのでしょうか。なぜ今後は訴訟も請求もしないこと、一身上の都合で退職することの「誓約書」を取る必要があったのでしょうか?

Aさんがケガをしていないのなら「10日間自宅安静通院治療」の診断書がなぜでたのでしょうか?

Aさんが一人で服を脱いだというなら腕をまくるのに女性社員の手助けは要らないはずです!男性社員がいたので打撲した背中を見なかったとしていますが、それならばなぜ女性社員をわざわざ呼ぶ必要があったのでしょうか?打撲したところを確認しないでなぜケガは無かったと断定できるのでしょうか!会社の回答はまったく矛盾にだらけです。それは会社の主張が事実ではないことの証左です。

自筆の退職届は認めない、退職理由の記載欄に自分の読めない外国語がすでに印字されている「退職届」が有効なのでしょうか?言葉が分らないことに付け込んだ会社のやり方は外国人差別そのものです。

雇用対策法、「外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針」では、外国人の雇用管理を適切に行うように事業主に義務付けています。そこでは労働法令の周知、労災保険の周知及び必要な手続きの履行をするように規定されています。Aさんは安全衛生教育も労災制度の説明も受けていません。事故があった時、ベトナム人がAさんを助け起こしていますし、その後もAさんはLINEでベトナム人とこの事故で会社を休むことを伝えてほしいと伝えてOKと返事もきているやりとりが残っています。労災事故は明らかです。労災休業期間は解雇規制があり出来ません。そもそもAさんは3ヶ月の有期労働契約ですから契約中途の解雇は原則出来ません。会社はこうしたウソとダマしでAさんからサインを取らないと辞めさせることは出来なかったのです。

シノブフーズの行動指針では「人権を尊重し、公平な職場環境をつくります」と書かれています。

コンプライアンスに関する基本方針には「法令遵守」「国際化時代にあって、異なる文化的伝統や風習を尊重」「倫理問題の解決にあたり、だれもが満足しうる解決策を積極的に求めます」と書かれています。いくら立派な言葉を並べても実践しなければ空文句にすぎません。会社は人権を守り、法令を遵守し、社会的責任を果たすべきです。

 私たちユニオンは、差別を許さず、一人ひとりの労働者の働く権利、人権を守り闘います! 

 

 抗議先 シノブフーズ㈱代表取締役社長 松本崇志

   大阪市西淀川区竹島2-3-18電話06-6477-0113


23:03 外国人労働者 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 77

2018/02/05
下町ユニオンニュース 2018年2月号より

戦前の下町労働史 その三九   小畑精武
  日本主義労働運動 (下)

  「労資融合・産業報国」

 神野は、最初は評議会関東金属労組(左派系)の造機船工労働組合に加入していました。会社からスイスに技術派遣された時、「支那人と犬は入るべからず」と立ち寄った上海の公園入口に書かれているのを見て仰天。「世界の労働者は団結せよ」と叫んできた欧米に対して不信感を抱き始めます。インドではイギリスから何百年も圧迫を受けている悲惨な状態を見て涙し、社会主義を捨てます。そして「世界の正義、人道も国家なくしてありうるものではない」と欧米に対する国家の自立を身にしみて感じます。さらに「日本は、日本の国を護るだけではいけない。東洋人種、いわゆるアジア民族のために、国境を固く締まらなければならない」と使命を悟り、社会主義から国家主義へ転じていきました。

 スイスでみた労働組合主義
 スイスでは当時の日本の争議とは全く違い、整然とした六千人のストライキにびっくりします。スト予告は開始三日間以前、職場占拠のないスト、ストに備えた機械への油注入、組合幹部への絶対服従、交渉団への法律経済の専門家参加、会社帳簿の調査など、百年前の(今でも?)日本では考えられないストのあり方、団交結果として賃金の一割カットの承認・スト解決にもビックリしました。

 日本主義労働運動を広げる
 神野は帰国後、労働組合(評議会)と別れ、明治天皇の死に殉じた乃木将軍夫妻の日本家族主義と親分・子分の精神を評価するに至り、自己修養の場として乃木講を設立。乃木講で教育勅語を読み日本主義労働運動の核づくりを進め、広めていきます。そこから「悪い労働組合があればその半面には良い労働組合がなければならぬ」と自彊組合結成の意義を強調しました。
神野は安岡正篤が設立した右翼思想団体の金鶏学院に入り、「目前の実行、日常生活の闘争を主旨とせず、精神教化の結果が日本改造の原動力となることを期して、その指導者の育成に努め」、『労使融合』『産業立国』をスローガンとする日本主義労働運動を提唱し広めていきました。

  購買組合、病院を設立
 自彊組合は独自に購買組合(消費組合)を組織したこと、さらに「労働者及び家族の診療所」として病院を経営したことも見逃せません。この病院には大学関係の医者が無料で協力。こうした組合を内務省は「日本一」と評価します。消費組合は純労働者組合を組織し亀戸事件で虐殺された平沢計七が二一年一〇月に共働社という消費組合を組織していました。診療所は賛育会や馬島僩(ゆたか)が関東大震災直後本所松倉町につくった労働者診療所などが設立されていました。
自彊組合病院
自彊組合が設立した病院(「自彊」=自ら勉めて励むこと)

 結局は産業報国会へ
 一九二九年に自彊組合は企業別労組である横浜船渠(造船所)、浦賀船渠と武相労働連盟に参加、三〇年には一万四千人の日本造船労働連盟と改称、勢力拡大をはかっていきます。三三年にはメーデーが分裂し右派は「愛国労働祭」を開催、三一年には一三二か所四六、八六八人参加だったメーデーは三三年第一四回メーデーでは全国六六か所、二七、六三九人に激減していきました。
 神野信一は三三年九月に死去。その後自彊組合は三五年一〇月に愛国労働団体の全国的統一をすすめます。三八年七月に石川島自彊組合は解散し、全国初の事業所“産業報国会”を設立することになります。

【参考】「日本労働組合物語 昭和」(大河内一男、松尾 洋、筑摩書房、一九六九)
「昭和の恐慌」(「昭和の歴史2」中村正則、小学館、一九八二)「神野信一講演集」(社会運動往来社、一九三二) 
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

労働契約の無期転換ルールを知っていますか 公開労働講座

2018/01/25
公開労働講座
活かそう労働契約法!更新ストレスさようなら!
『労働契約の無期転換ルールを知っていますか

非正規雇用労働者(パート、アルバイト、派遣、嘱託)のほとんどは、3ヶ月や半年など雇用契約期間の定めのある有期契約労働者です。
何年も働いているのに次の更新があるか、不安やストレスを抱えて働いてきました。
「改正労働契約法」が5年前の4月に施行により、2013年4月から労働契約が5年を超えて同じ会社で更新された場合は、有期契約労働者から期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換することを会社に申込みが出来るようになりました。(無期転換ルール)
今年4月に実施がはじまる無期転換ルールについてわかりやすく解説していただきます。無期転換制度を活かして安定した雇用に切り換えて更新ストレスからさようならしましょう。
   
講師 鈴木 篤弁護士 (江戸川法律事務所)
日時  2月9日(金)18時半~20時半
場所  タワーホール船堀 407会議室  

     (江戸川区船堀4-1-1 地下鉄「船堀」駅徒歩1分)
               電話03-5676-2211
*参加費は無料です。

主催: 下町ユニオン ( http://www.geocities.jp/shtmch/)

申込み・問合せ 
電話03-3638-3369 江東区亀戸7-8-9松甚ビル2F
20:54 公開講座 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 76

2017/12/28
下町ユニオンニュース 2018年1月号より

戦前の下町労働史 その三八  日本主義労働運動 (上)
小畑 精武

飛行機「愛国労働号」を献納
  一九三二年十二月八日、日本造船労働連盟の呼びかけで国防献金労働協議会が結成されます。ここには総連合、東京乗合自動車中正会、関東製鉄連盟の四団体二二名が参加。
目的は「労働者から献金を集め、軍に飛行機(愛国労働号)を献納する」ことでした。
「趣意書」には「満州国の興亡と関連して、未曾有の重大なる難関に当面している。・・労働者の立場から、深く国際平和を愛し、国際間における労働者相互の協力を衷心より望むものでありますが、同時に他国の横暴また無理解に対して、死を持って国防を全うせんとの熱情に燃ゆるものであります。・・ここにおいてわれわれ労働者階級の血と汗をもって、・・労働賃金の拠出により・・ “愛国労働号”を建造し・・国家に献納するものであります」と愛国労働運動が謳われ、戦争への道を転げ落ちていきます。石川島自彊組合は造船労働連盟の前身武相労働連盟に一九二九年五月、二八〇〇人で加盟し「大右翼」の統一・結成をめざしていました。

 石川島自彊(じきょう)組合の設立
 石川島は隅田川の河口にあります。江戸時代末期に幕府が造船所を建設、以後軍艦が建造され、明治時代から争議が繰り返されてきました。(下町労働運動史 その3参照)
東京自彊組合本部
       石川島自彊組合本部と購買組合
  一九二一年七月には造機船工組合が結成され、評議会・関東金属労組(共産党系)に加盟。関東大震災後の二六年には大争議が起こります。「隅田の河口に、民間造船工場として日本で最も古い歴史を有する、我が石川島造船所にすこぶる悪性のストライキが起こった。・・争議団の要求中の主なるものは、給料の値上げと株主配当を五分以下にせよと云う事であり、しかもその給料は各自平等にせよと云うのであった。」と石川島自彊組合神野信一組合長(当時職長)は自彊組合結成の背景を語っています。
 造機労組は、厳しく会社を追及し、副社長を吊し上げました。神野は「石川島の争議こそ全くロシアを模倣する破壊的共産主義運動にほかならない」と徹底批判し、妻子との別れも覚悟、時には肉体的な衝突も起こしながら自彊組合の輪を広げ、造機組合を追いこんでいきました。

 争議の敗北から組合崩壊
 争議団家族は、争議資金がない争議に追い込まれ『明日の米もない』状況を神野に訴える家族も出る始末。展望なき争議に対し、神野は「①この争議は共産主義の傀儡(かいらい)である。②争議団幹部の人格は低劣だ、③争議団幹部は感情と意地張りで無益の闘いを続け解決の意志がない、④争議団幹部は団員の多大な犠牲をかえりみない」との宣伝を職場に広めていきます。深川公園ではお互いの実力部隊がぶつかり合うことも。そして神野はスト解除に五五〇人を確保して五〇余日ぶりに工場の黒煙を吐き出させました。争議団の無条件降伏に終わったのです。
 さらに二八年の三・一五弾圧事件で幹部の大部分が検挙され指導部を失った組合は崩壊状況に陥ちいります。「左翼労組の影響は指導者を失ったあとは意外に弱く、従業員はたちまち御用組合に吸収され、国家主義の温床になってしまうことがわかる」(「「日本労働組合物語・昭和」」と評されました。

 日本主義労働運動へ
 三〇年一二月には世界大恐慌と軍縮のなか千人の解雇が自彊組合に通知され、定年近い高齢者、独身者を主体とする五五〇人が解雇を余儀なくされます。組合は失業対策を行うとともに、労使共倒れを防ぐための「一通話三銭」運動を自主的に展開しました。残った従業員による「能率増進」をはかり、就業中「無駄口一回三銭の罰金」(東京市内電話)とする規約をつくり予想以上の生産性向上効果をあげました。「労使一体の関係にすっぽり包みこまれていた。恐慌を契機に大企業における労働者の会社への帰属意識はいっそうつよまったのである」(「昭和の恐慌」)
 神野は労資協調を「労資対立があって後の協調であり再び割れる」と批判。「労資融合」でなければならないと強調し、これこそが「日本主義労働運動」の真髄と主張しました。

00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »