05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

下町労働運動史 65

2017/01/01
下町ユニオンニュース 2017年1月号より

戦前の下町労働史 その二八    小 畑 精 武
 
 地下鉄争議・もぐらのうた・中

 警視庁が調停に入って解決した一九二八年、会社は労務対策として社内の相互扶助組織・茶話会をつくります。一九三〇年には市電の労働者が変装して「労働時間は六時間、最低賃金を二円にしろ」というガリ版ビラを改札に置いていきました。会社はあわてて「市電はストがある。ストをやる奴はバカだ。全線開通したら社宅も建てるからつまらない扇動にのらないように」と非番を集めて訓示を述べました。しかし、みんなはかえって、会社が儲けていること、ストを怖がっていることを知ったのです。

 全協オルグとの連絡
 一九三一年共産党の指導下にあった日本交通運輸労組のオルガナイザー永田耀は地下鉄の組織づくりを始めました。後に分会長になる津野勇の家を訪ね、職場の状況を聞きます。茶話会への不満から自分たちで委員を出して、目標を「スポーツ道具の購入費を会社は補助しろ」にします。同時に、うどん会ができていきます。うどん会は寄宿舎入寮者をうどんで歓迎する会が出発点です。徴兵制の軍隊から除隊したうどん好きな相良が参加していました。

バラバラな賃金
 軍隊から戻った運転手の相良の賃金は一円四〇銭が一円一五銭に下がっていました。
彼より後輩が一円三五銭と賃金は人によってバラバラだったのです。
三〇年九月の神田駅開通を目前に、浅草駅~万世橋駅往復を二五分から二〇分にする指示が出されます。そのためには、本勤務一四回を二〇回に、予備勤務十二~三回が十八回になり、労働強化です。「これでは身が持たない」と病人が続出、不満が高まっていきます。地下は日光がなく、湿気、ほこりが多く健康を害する労働者が増え、解雇も出ました。駅入り口の煙草売店には女性が十一時間労働で採用されたものの、経営がストアーに移され予告なしに解雇されました。
地下鉄争議記事
女子社員の採用、便所がない
浅草駅で地下鉄と東武鉄道が連絡する切符の販売が始まり、途中駅の小さなボックスで販売する女性社員を七人採用。労働時間は朝六時から夜十一時まで、翌日は休み。もう一人は朝九時から夜八時までの食事、休憩の交代係。「一日おきの仕事で休める」と思ったものの、ムッとした空気とガンガン響く電車の音の中、朝から夜中までの労働で体調を崩す労働者がでてきます。
さらに一日一円の給料が九〇銭しかありません。ストアーが七〇銭だから少し待ってくれとの会社の言い訳に声を出して反対はできなかったのです。便所が一つもなく松屋に駆け込み。とくに生理の時は大変でした。
 こうした職場環境の中には多くの「要求」がありました。寄宿舎にも「ガス、水道をつけて」「枕を一つずつ」「部屋を増やして」などの要求があり、室長をつくって交渉にあたり要求を順次獲得することができました。

  組合の結成
 一九三一年十二月、茶話会の役員選挙、うどん会の活動などの討議のために、津野は永田オルグと相談して、組合分会を十二名で結成します。分会責任者に津野、常任委員三人には運転手・車掌・駅員、会計など決め、共産党、共産青年同盟、赤色救援会の支持も全員で承認しています。
続いて女子分会が五人で発足、二人が地下鉄分会の常任になります。更衣室、休憩室が女子にない、一番切実な要求は便所問題です。基本的人権の問題です。売上金不足の時は弁償をしなければならない問題もあります。
職場のより多くの労働者が参加し日常活動をすすめる工場委員会の方針に沿って、地下鉄では従業員クラブを方針化します。同時に「大衆と結びつくサークル活動」を野球、映画、観劇、ピクニックにより進めました。
地下鉄大争議の始まりです。
(次号・下に続く)
【参考】 「もぐらのうた‐1932年東京地下鉄争議記録集」学習の友社一九八七年
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 64

2016/12/03
下町ユニオンニュース 2016年12月号より

戦前の下町労働史 その二七   小畑精武
 
もぐらのうた・上
 東京地下鉄の争議・前史

日本最初の地下鉄は一九二七年一二月二〇日、上野と浅草間のわずか二・二キロメートルが開通しました。現場従業員はわずか五〇数名のスタートでした。
地下鉄の計画は山梨県生まれの早川徳次が同郷の根津嘉一郎(東武鉄道の創始者)の協力を得て、一九二五年九月に起工。地表から掘って切り開く開削工法ですべて人海戦術でした。
開通の半年前に、会社は根津と早川の郷里である山梨県内で労働者の募集を行い、農家の子弟三〇〇人ほどが応募、高等小学校卒業程度の試験と口頭試問により、一七~三〇歳の男性三三人が採用されます。
会社は近くに寮として普通の家を借り、五班に分けられました。初日は明治神宮を参拝し社長の話を聞きました。二日目からは、講義と実習で日給一円が支給されました。学科は七月から車両、信号、軌道、電気、運転。実習は一〇月から入り、省線(国電)蒲田車庫で朝八時から夕方五時まで運転練習を二十日間、二一日からは原町田と東神奈川の間で試運転教習をしています。車掌は実習のため省線の各線に配置されました。
もぐらのうた

十一月には地下鉄車両が入り(地下鉄はどこから地下に入るのでしょうか?)、毎日車両みがき、雑巾がけ、変電所の磨き掃除、砂利かつぎ、夜の警備巡回まで大変でした。
 開業する一二月からは上野と稲荷町間で試運転、車掌はドアエンジンの訓練。一七日には教習所の卒業式を迎え、会社規約厳守の宣誓式も行いました。給料も決まります。
 運転手 日給一円六〇銭~一円七〇銭
 車 掌 日給一円五銭~一円六銭
 募集広告より一〇銭安いことに不平が生じます。地下労働は非衛生的、過労も加わり目が見えなくなる労働者も出てきました。会社は舎監と置き「泉の花」という修養冊子を持ち込んで問題のすり替えを行いました。
 
 一日一三時間の超長時間労働
休暇は一〇日に一回、労働時間は午前出が午前六時から午後三時に残業五時間が加わり午後八時まで、午後出は午後三時から翌日の午前〇時に午前一〇時からの早出で加わり、一日一三時間の超長時間労働です。
開通の翌年一九二八年三月、運転手一二,三人が以下の嘆願書を会社に出します。
①初任給が新聞広告より一〇銭安い
②運転手、車掌共日給に差があること
③衛生設備が悪く、詰所もないこと、等
会社からの返事はありません。一二月に以下の再び嘆願書を提出。
①一〇日に一回の公休を六日に一回に
②勤務時間を六時間に(一〇時間を)
③詰所(きたない)の改善を。
④隧道(トンネル)に散水を(ホコリが多い)
⑤青服(軍服を思わせる)を撤廃し普通の詰襟に。
今回は車掌も参加、終車後寄宿舎に集まり、翌朝要求書として提出、返事がなければサボタージュに入ることを申し合わせました。

 サボタージュへ突入
翌朝、会社に要求書を提出します。しかし要領をえない返事。午後からサボタージュに突入、通常なら五分の上野―浅草間を三〇分くらいかけての運転です。会社は本社から運転できる社員を派遣してハンドルを取り上げて対抗。運転手たちは寄宿舎に引上げ籠城。会社は運転手一二人に解雇を通告。残りの七人には切り崩し攻撃がかけられ分裂状態に。
そこへ警視庁の調停官が現れ、八時間労働と残業一割増、公休八日に一日、慰労金などにより急転直下和解へ。しかし、被解雇者一二名のうち四人は復職ができず、毎日荒れる生活となり分裂状態に陥り、停滞を余儀なくされました。しかし、職場での「活動」は続き、地下鉄争議の灯が灯ります。
(次号・下に続く)
【参考】「もぐらのうた‐1932年東京地下鉄争議記録集」学習の友社一九八七年
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 63

2016/10/30
下町ユニオンニュース 2016年11月号より

戦前の下町労働史 その二六  小畑精武
 
保育所をつくり働く
亀戸に「無産者託児所」鈴木俊子
 先日墨田レイバー・ウォークの下調べに賀川豊彦ゆかりの「光の園保育学校」に行きました。「保育学校」は保育士の学校かと誤解しましたがれっきとした保育園でした。
 関東大震災後に柳島(墨田区)にできた東大セツルメントには託児所が開設されました。下町は貧しい人々が多く、共働きがあたり前でした。しかし公立の保育園、託児所は少なく「江東に生きた女性たち」には地域がつくった託児所、保育園が紹介されています。
 一九三〇年の東洋モスリン争議後に江東地区では次々と保育園が女性の手でつくられていきました。三二年には亀戸一丁目、五の橋そばに「無産者託児所」が鈴木俊子たちの手で設立されます。
生活が破壊された「昭和恐慌」下で「どんなに苦しくても子どもだけは正しく丈夫に育てたい」という願いがこめられました。設立準備会には、教育団体、労働組合、文化団体から、羽仁説子、大宅壮一など約五〇人が参加。鈴木俊子は主任保母に。夫は戦後の日本国憲法に大きな影響を与え、映画「日本の青い空」の主人公鈴木安蔵です。       
開所後は住み着いて働いたそうです。
2011-11
 亀戸一丁目の長屋に住み賛育会で長男を生んだ松田解子はこの無産者託児所に子どもを預け、一個二銭の内職をしながら、出産の様子を小説にして「読売新聞」の懸賞でみごと入選をはたしました。松田解子は一九三二年の米よこせ闘争を「回想の森」に「女性線」には江東の労働者の生活を描いてます。

「子供の村保育園」平田のぶ

 一九三一年には、平田のぶが建設間もない白河三丁目(江東区)同潤会アパートの一室を借りて「子どもたちを地域のなかで生き生きと自由に育てたい」と「子供の村保育園」を設立します。
 平田のぶは、広島で教師を経験、上京後は池袋で児童の村小学校の教師、教育雑誌の編集、消費組合運動、婦選運動にかかわりました。自分の子を亡くす体験、児童の村の経験を活かして、子どもの自主性を大事にする保育園づくりをすすめます。
母様学校や父様学校をつくって子ども社会だけではなく社会全般から自治の精神を考える場づくりもすすめました。空襲で焼けたあとは青空保育を続けたそうです。

「二葉保育園深川母の家」 
 江東区には海辺でないのに「海辺町」があります。昔は海辺だったのでしょう。そこに「二葉保育園深川母の家」が一九三五年に設立されます。
 母の家は「其の行きづまりは死か堕落か」と切羽詰った母子のシェルターとして、四谷にある二葉保育園の徳永園長が友人の援助を得て、深川区海辺町に設立したものです。
 施設長となった原藤英子は、親身になって母親たちに仕事をあっ旋します。早朝からの市場での仕入れと仕出し弁当づくりや家政婦の仕事、子どもたちは学校や保育室に。夫に死なれ長野から娘二人を連れて住み込んで働く母親、娘が保育園で働くようになった例もあります。
 三月一〇日の東京大空襲で丸焼けになり、原藤施設長はじめ、職員五名、母子一六名が犠牲となりました。

 朝五時から午後六時までの保育
 工場内での託児所、保育所に加えて隣保館にも託児所があって、保母はそこで寝起きしました。公立託児所は一九二三年以降富川町、古石場などに設立されますが、保育は母親の仕事に合わせ長時間労働でした。虚弱児童を君津や谷津に転住させ、体重を増やすことも行いました。
 無産者託児所は弾圧を受け、開設二~三年後に閉鎖を余儀なくされました。

【参考】「江東に生きた女性たち‐水彩のまちの近代」江東区女性史編集委員会 一九九九
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史62

2016/09/30
下町ユニオンニュース 2016年10月号より

戦前の下町労働史 その二五      小 畑 精 武

 「華やかな女性の憤慨」
松竹レビューガールの不満爆発

 「あたし達の部屋は南京虫としらみと、のみの巣だヮ」「鮭と沢あんばっかりの弁当じゃ栄養カロリーが不足だヮ」「月給と舞台手当を合わせてもおしろい代はおろか電車賃にだって足りないのよ」一九三三年六月、華やかな舞台でレビューを踊る若い女性たちが待遇の悪さに不満の声をあげました。
 松竹座は浅草国際劇場があった所、今は浅草ビューホテルになっています。(太平洋戦争中には風船爆弾の製造工場となり、東京大空襲時に爆弾が投下され、戦後解体時にはグニヤと曲がった鉄骨が屋根裏に残っていました。「再び許すな東京大空襲!下町反戦平和の集い実行委員会」は被爆鉄骨の保存を求め、現在両国の江戸東京博物館に展示されている)
 決起した争議団委員長は「男装の麗人」といわれた水ノ江瀧子。(戦後NHKテレビでジャスチャーの番組に出ていたのを覚えています。)
 ことの発端は、松竹座の音楽部員(楽士)三〇名が「不当解雇反対」「減給反対」の争議に入り交渉中に、自分達もと立ち上がったのです。


トイレ改善、定期昇給を嘆願
 水ノ江瀧子、吉川、小倉のスター以外にも当時の踊り子二三〇人(歌劇部)が参加。二つしかないトイレや低賃金に対し、「退職金の支給」「定期昇給の実施」「最低賃金制の制定」「衛生設備・休憩室の改造」「公休日・月給日の制定」などの要求を嘆願書にまとめて音楽部員と共に六月一四日に松竹本社に提出しました。
この頃、関東大震災の後に「エログロナンセンス」の時代が到来し、女性の足を見せるレビューの人気が高まっていました。しかし、水の江、吉川、小倉のようなスターでさえ、月給八〇円から一〇〇円、一般の踊り子(女生徒、レビューガール)はわずか一〇円~二〇円程度でした。研究生になっても半年は無給だったのです。当時の巡査の初任給は四五円でしたからお話にならない低賃金!
 しかし、会社は一部を認めたものの音楽部と歌劇団との分断をはかり、一六日からはロックアウトに。これに対して争議団はストライキで対抗しました。
スターが先頭に立った争議への支援は全国に広がります。争議団の演説会にはファンが大挙押しかけ、資金カンパや激励の手紙もあいつぎ、歌劇団の父兄会、後援会、同時期の東洋モスリンと同じ全国労働組合同盟系の労組も支援しました。

松竹は水の江瀧子を解雇
 争議は長期化し、松竹は水の江を含む数人を解雇しました。さらに、歌劇部を解散して会社直属の少女歌劇団の設立をはかり、歌劇団の切り崩しをはかります。水の江たちは七月一日から湯河原温泉に貸別荘を借りて立てこもり。ここにもファンがお菓子やうどんを差し入れに。これまで休暇が取れなかったのでピクニック気分を楽しみました。

 全員の職場復帰を勝ちとる
 しかし、水の江は女優の原泉(作家中野重治の妻)とともに七月一二日に思想犯として特高に検挙され警察署に留置されます。ここでも水の江は抵抗し、一日で釈放。会社との交渉が再開し一六日には覚書が交わされます。しかし、会社は水の江含む一〇数人を謹慎処分にしました。
 この間に、水の江は日比谷公会堂でワンマンショーを開き多数の観客が押し寄せます。他方、松竹の新生歌劇団は不振が続きます。会社は水の江を戻すしかなくなり、水の江は残った八人全員を戻すならば、との条件を付けて復帰を勝ちとりました。
同じ頃、無声映画から音が出る映画に時代が変わり、解雇された活動弁士の争議が一九三二年四月に浅草で起きます。無声映画の時代が終わり、弁士の解雇が続いたのです。

【参考】「朝日新聞一〇〇年の記事にみる③
東京百歳」(朝日新聞社、一九九八)
「SMAP解散騒動を労働問題で考える。83年前の“アイドル”たちの闘いに学ぶこと」(近藤正高)
http://top.tsite.jp/news/anime/o/27338597/



00:40 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 61

2016/08/11
下町ユニオンニュース 2016年8月9月合併号より

戦前の下町労働史 その二四
 
小畑精武

玉の井の“女性労働”

関東大震災で浅草から移転
 「玉ノ井」という駅が一九八八年まで東武線にありました。今は東向島。古い蒸気機関車や日光特急電車を展示している東武博物館があります。
 玉の井は関東大震災で被災した浅草の銘酒屋が移ってきた地域で、東京大空襲でも大きな被害を受けました。永井荷風の有名な小説「濹東綺譚(ぼくとうきだん)」(一九三七年)の舞台となった私娼窟玉の井は「抜けられます」と書かれた陋巷(ろうこう)迷路(めいろ)の街、荷風は執筆のためか、連日のように通っています。
玉の井が栄えたのは関東大震災後から売春防止法が完全施行された一九五八年までのわずか三〇余年でした。売春防止法によって街はがらりと変わり、今はその面影はほとんどありません。
ここには主に東北の貧しい農家出身の女性たちが前借金で売られ、連れてこられました。あるいは、女工として東京に就職した後に企業閉鎖解雇となって来た例もありました。一九三五年の警視庁調査では総数九一七人(二~三〇〇〇人いたともいわれている)のうち、東北出身は四〇四人(四四%)を占めています。
玉の井写真

 住込みで休日が取れない
迷路となった狭い道に娼家は並び、三〇㎝四方の小窓から「ちょっと、ちょっと、お兄さん」「ねえ、ちょっと、旦那」「ちょっとここまで来てよ、お話があるの」と言ってお客さんを店に引き込んでいったそうです。客室は二階に三部屋ほどあり、間取りは三畳に四畳半か六畳程度でした。
小窓に座る女性は各娼家二人の規約がありました。しかし、実際には守られなかったようです。時間はショートタイム(ちょんの間)が一五分程度、ロング(時間)、泊まりの三つ。多くの女性は前借があり、拘束されていました。借金を返した後でも、毎日下図の家主や地主あるいは抱え主に揚銭を払わなければなりません。休んでいても払わなければならない厳しいもので、住み込みで休日もない状態でした。

構造図

 暴利をむさぼる搾取構造
地主、家主が得る権利金は膨大で玉の井御殿を建てた者が十五、六名もいました。他方、娼婦たちは性病になる危険が高く定期的な検診がありました。半病人になっている娼婦に足袋もはかせず着物も薄物で、雇主は客を取ることを強制しました。
金銭的な対立、中間搾取、年数契約の不履行、業者と結託して着物を高く売りつけるなどの搾取に対して挑戦したのが南喜一です。南は南葛労働会、共産党の活動家で、弟吉村光治は亀戸事件で殺されました。

 「女性向上会」を設立 
南は当初地域労働者を組織するために駅前に「江東地方工場連絡委員会」事務所を設けます。しかし目の前で起こっているあまりにひどい女性たちの環境に憤ります。女性たちの救援に三二年七月、南は「女性向上会」を設立し、「玉の井戦線ニュース」を発行、一時は半数の娼婦を組織化します。話を聞くと女性たちの家にのり込んで直談判、金を渡して証文を取るやその場で破り捨てました。
解決後玉の井から抜け出させ帰郷した女性は三三年八一人、三四年一三六人いましたが、親元で働いている女性はたったの二名。女性たちは一カ月もするとまた玉の井に戻ってきたのです。他方女性向上会は銘酒屋組合に認められ、南は運動の方向を待遇改善に転換し「東北子女売買問題」を無産政党、労働組合と共同してつくります。

【参考】前田豊「玉の井という街があった」ちくま文庫、2015
     日比恆明「玉の井-色街の社会と暮らし」2010
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »