04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

下町労働運動史 48 

2015/05/30
下町ユニオンニュース 2015年6月号より  

戦前の下町労働史 その11 小畑精武

東洋モスリンの争議①

亀戸は紡績の街だった

 「労働女塾」があった一九三〇年当時の亀戸地域は東洋モスリン(亀戸七丁目、略称洋モス)はじめ、東京モスリン(現文花団地)、日清紡(亀戸二丁目団地)など三〇〇〇人規模の大きな紡績工場がありました。一九三〇年当時深川区、大島町、砂町では女子労働者が一割程度に過ぎなかったのに対して、亀戸町では女子労働者は四割を占めていました。
「一九〇七年、亀戸七丁目に設立された東洋モスリンには、新潟、福島などから出稼ぎ女工として、小学校を卒業したばかりの少女から二〇代の若い女性たちが働きにきた。彼女たちは、会社が用意した寄宿舎に入り、一部屋十数人がいっしょの集団生活を送った。」(「江東に生きた女たち」) 
 工場の南側は千葉街道と竪川(現在は高速道路)、北側(現在は京葉道路)には都電(当時は錦糸町から西小松川までの城東電車)が通り、食べ物、着物、下駄、化粧品の店ができ、五の橋館などの映画館もありました。

 洋モス労働組合の歴史と闘い
 洋モスには三工場があり、以前から第三工場の職工一〇〇人ほどの総同盟関東紡織労組請地支部洋モス班がありました。

一九二六年三月には亀戸工場従業員が全員加盟する組合を作ろうと関東紡織労組城東支部が結成されます。その後総同盟第二次分裂をうけ二七年四月には中間派の日本労働組合同盟(組合同盟)日本紡織労組城東支部となりました。
 二七年五月、亀戸第一、第二工場では五〇二一人の労働者のうち四九五一人が参加し左記要求の待遇改善闘争が展開されました。
1、第二工場職工三名(総同盟幹部)を転勤
  させること
2、退職手当を公示すること
3、寄宿女工を自由外出させること
4、徴兵者を休職とすること(従来は退職)
5、臨時工を廃止し普通職工とすること
6、家賃手当を復活すること
7、夜業手当を支給すること(一回十銭)
 会社は要求提出後わずか一日で要求を全て認めました。

日本初の「女工外出の自由」を獲得
 拘置所のような籠の中に入れられ、自由な行動が許されなかった女子紡績労働者にとって「外出の自由」は「人権宣言」(鈴木裕子「女工と労働争議」)でした。
 こうした闘いの経験は女子労働者にとって自信となり、労働組合への信頼が増していきました。組合の威信は高まり組織も拡大をしていきます。しかし、二八年春に組合(城東第一支部)に会計問題が起こり、日本紡織労組から脱退。六月には洋モス従業員組合を結成して組合同盟に直加盟を果たしました。

 女工労働者の深夜業の禁止
翌二九年七月、午後一一時から午前五時までの深夜業が禁止されます。これも歴史的なできごとでした。日本の低賃金長時間労働が国際的に批判を受けていたことに対し日本の資本主義は「改善」を余儀なくされたのです。これに対し資本は「合理化・賃下げ・労働強化」と法が適用されない「中国への進出」で対抗してきました。
洋モスでは、深夜業禁止前一九二六年下期の職工数八八二三人が禁止後二九年上期には六八五八人と二二、三%減員しているにもかかわらず、生産のトップ出来高は一一五万六千ポンドが二二〇万五千ポンドと九〇%も増加しています。
 洋モスは同時に組合破壊をすすめ、三人の組合幹部に対して解雇、組合脱退強要、辞職強要をはかってきました。二九年六月、洋モス従業員組合は深夜業禁止による労働条件低下を見越して、定昇の年二回実施、深夜業廃止後の新手当、月収入の保証などの要求を提出します。
【参考】▼江東区女性史編集委員会「江東に生きた女たち‐水彩のまちの近代」一九九九
    ▼鈴木裕子「女工と労働争議」れんが書新社一九八九
17:00 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 (47)

2015/05/05
下町ユニオンニュース2015年5月号より

戦前の下町労働史 その十       小畑精武 

亀戸に「労働女塾」
帯刀(たてわき)貞代全国婦人同盟の書記長に

 下町労働史のハイライトは、一九三〇年の東洋モスリン(亀戸七丁目、下町ユニオン事務所もその敷地内)の闘いでしょう。二千人を超える女性たちの闘いを支えたのが一九二九年に設立された「労働女塾」です。設立者が帯刀貞代です。(写真右)

 彼女は島根県で生まれ、小学校の代用教員をします。わけがあって東京へ。納豆売りやウエイトレスをしながら上野の図書館で社会問題の本を読み、そこで東大新人会(二九号参照)の織本利と出会い、結婚。織本が一九二六年に結成された日本労農党(日労党)の活動に参加し、彼女も日労党系の全国婦人同盟を結成、書記長に選出されます。二人は亀戸に移り住み、亀戸のモスリン工場、染色工場などを見て回りました。
 織本が結核で倒れ、市川に転居。帯刀は生活のため日本紡織労組の常任書記になります。そこで東洋モスリンの女工、小林たねと出会います。小林から「いろいろな覚えごとや社会勉強ができる塾みたいなことを始めたい」といわれ、裁縫や家事を教え、組合の話もできる塾を始めることになりました。

亀戸に「労働女塾」を開設
 一九二九年八月、大恐慌が起こる直前、労働女塾は亀戸七丁目二二四番地、「モスリン横丁」に設立されました。
 「近来資本家の飽くなき合理化運動は抵抗力の弱き婦人労働者の上にその嵐の如き毒牙を磨き、低廉なる賃銀は益々切り下げられつつあり、労働の強度はいやが上にも強化せられて、工場に於ける婦人の呻吟は日に日に深刻の度を加えつつあります。・・かかる時あたかも合理化の嵐に直面する婦人労働者がその全力を挙げて自らの防衛に、解放のための闘争により鞏固(きょうこ)なる組織と鉄の如き訓練とを持つことの緊急必要なるは、多言を要しない処であります。我々が開設せる労働女塾はかかる時機に際し、従来とかく婦人労働者にかけたる教育機関の欠を補い、もっぱら婦人闘士の養成を使命として生まれたものに他なりません。」と女性活動家の養成をめざす設立の趣旨を明確にしています。しかし、黒板もなく机も不十分でした。その窮状を訴え、ミシン、裁縫用具の整備に「むこう六か月間に月一円」の資金カンパを訴えます。
 さいわい堺利彦、丸岡秀子、河崎なつなど広い層から支援をうけることができました。塾は帯刀の自宅で八畳、六畳と台所、家賃は月二五円、維持費三〇円でした。メンバーには東洋モスリン、東京モスリンなどから約三〇人が集まりました。帯刀は主事になります。

  学習と裁縫、手芸、割烹も
 教授科目は時代を反映しています。
一、イ、学科(一週間四時間、月曜日、水曜日)テキスト「婦人と労働組合」「プ
ロレタリア経済学」「婦人運動の当面の諸問題」「科外講話」
  ロ、裁縫 常時 和服、婦人子供洋服
  ハ、手芸 常時 編物、刺繍、袋物
  二、割烹 一週一度 土曜日
二、労働婦人文庫の完成
三、労働婦人ニュースの発行
 帯刀自ら講師となり難しい話をやさしくかみくだき学科を学ぶとともに、裁縫など当時の女性が身に付ける科目が重視されます。
 その背景には、二九年七月に婦人と青少年の深夜業が禁止され、一〇時間二交替制から八時間半二交替制になったことがあります。女工たちは多少の自由時間を得て、これまでできなかった裁縫などを求めたのです。

東洋モスリン大争議の中心に
 いよいよ次号から東洋モスリンの闘いが始まります。

Q・亀戸七丁目二二四番地はどこでしょうか?一度訪ねてみたいと思います。わかる人いますか?教えてください。
【参考】村岡悦子「婦人解放にかけた『労働女塾』のリーダー」『日本労働運動の先駆者たち』労働史研究同人会、一九八五 
鈴木裕子「女工と労働争議」れんが書新社 一九八九
23:19 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |