05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

下町労働史 81

2018/06/01
下町ユニオンニュース 2018年6月号より
                                 小畑精武
戦前の下町労働史 その四三

東京印刷争議と出版工クラブ
 和工会は親睦団体ですが、印刷工の失業者に対し「職業あっせん」を行い、「失業者の十字軍」を称し低賃金で労働者を紹介する「働きましょう会」と対抗関係に入ります。同時に和工会は企業整備の首切り解雇や請負単価の引き上げの支援、共闘の組織化など労働組合機能もはたしていました。しかし、会のメンバーは八〇人ほどに留まり会員を圧倒的に増やすことが課題でした。印刷関係の労働者がもっと入れるように欧文工、オフセット工など全職種に拡大すること、街頭分子ではなく職場を中心に組織することなどを新たな課題としました。
 柴田はイタリアの労働者クラブを参考に「出版工クラブ」の構想を三六年に具体化していきます。労働者が地域ごとにクラブを持ち、夜仕事が終わるとそのクラブに集まり、お茶やワインを飲んだり、音楽を聞いたりして一日の疲れをいやす。その中でお互いの親睦を強める、というものです。
201806.jpg

 二・二六事件が起きた一九三六年の秋から暮れ和工会から出版工クラブへ転換する活動がすすめられます。
そのためにまず和工会が動員できる労働者の数をつかむため、市川国府台で秋の運動会(写真)を開き、一五〇名の労働者が集まりました。

出版工クラブの発足
 錦糸町にあった柴田の家は和工会の活動とともに出版工クラブの活動が行われ、三七年二月に新年会を兼ねて二〇〇名が西神田亭に集まって発会式が行われます。クラブ員のかくし芸、歌謡曲、落語、演劇などが行われました。
 柴田は活動家たちにアピールします。
「僕らはいままで『働きましょう会』と対抗することだけをやってきた。これからはそれだけではだめだ。もっと広い範囲の人を組織化しなければならない。大きい工場には労働組合がある。ここでは労働者の力で自分たちの生活を高めることができる。しかし中小零細企業に働く労働者には生活を守る組織ももてない。僕らの当面の目標は・・中小零細企業の労働者をどのようにして組織化してゆくかが大切なのだ。そのためにはむずかしいことはいわないで友だちをつくれ、広い範囲の友だちをつくらないとだめだ・・職場にゆけば純粋で正義心を持った若い人がたくさんいるんだ。この人たちをつかむことが大切なんだ。」と。

 出版クラブの活動
 出版工クラブは、毎月一回会合を開きました。そこで国内、国際情勢を説明するとともに、購買部、職業紹介部の活動から俳句、将棋、観劇、登山、ハイキングなど多様な活動を展開します。「クラブニュース」一〇〇〇部の印刷は会員が働く会社の経営者が安くやってくれました。

神田支部の分裂
 一九三五年はコミンテルン(共産党などの国際団体)第七回大会が開かれ、これまでのセクト的方針が大きく転換され、幅広い反ファッショ統一戦線戦術が提起された年でした。これをめぐって、出版工クラブの中で本部と神田支部の意見が割れます。
 神田支部は他の印刷工組合からの「一緒になる」呼びかけに賛成し、労働組合化をはからない「出版工クラブは甘っちょろい」、日和見主義だと本部を批判しました。本部の柴田は「現在のように弾圧のひどいなかでは『出版工クラブ』はあくまでも親睦会というゆるい組織形態にして広範な職場にくい込み大衆をつかむことこそ大切なのだ」と反論します。こうして神田支部は分裂し、「全日本出版労働者協会」が結成されます。しかし、この組織は柴田が心配したように、産業報国会への圧力が強まる中、短命に終わりました。
「出版工クラブ」は日中戦争が始まり拡大するなか、一五〇〇人に会員を組織拡大し、権力に狙われていきます。   (続く)
  強調文【参考】「戦時中印刷労働者の闘いの記録・出版工クラブ」(杉浦正男編、一九六四)
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働史 80

2018/04/29
下町ユニオンニュース 2018年5月より

戦前の下町労働史 その42   小 畑 精 武

東京印刷争議と出版工クラブ・上
一九三一年の満州事変以降、軍需インフレと為替安により輸出が増加して、好況局面が訪れました。しかし、三五年には停滞局面に入り、労働者数の増加率が停滞、臨時工が増加、物価は上がるのに賃金は低落していきます。印刷産業の臨時工は長期間ではなく、ある工場に三日、あるいは一週間、長くても一か月で、半失業状態でした。
そうしたなかで、植字工で臨時工の柴田隆一郎は印刷会社に勤めながら、印刷労働者の組織づくりを着々とすすめていきます。柴田は全協(左派)の組合員でした。彼は同じ立石に住む労働者を仲間として雑誌作りを始めます。「雑誌が組織者」になっていきました。詩、俳句や川柳が掲載され、印刷、製本など同業の労働者が雑誌作りを担っていきます。雑誌作りは同時に「未組織印刷労働者の組織化」でした。柴田たちは当時の印刷会社では五指に入る深川の東京印刷に臨時工でしたが就職することができました。

 突然の解雇、減給
一九三五年に入ると軍需産業のインフレが停滞期に入り、多くの産業で物価は上がるが賃金は上がらない状況が生まれます。

(写真 柴田隆一郎)
東京印刷には全労系関東出版労働組合(委員長河野蜜)があり賃上げ要求をしたのに対して、三月一四日に会社は突如解雇一二人、減給七四人、他方一一三人には昇給を通告してきました。二百二十余人が加入する組合は「組合を破壊する攻撃」と位置づけ、解雇者による争議団を結成。他の組合員は出勤して解雇撤回、減給反対方針を決めます。
二一日からは組合加入もストにはいりました。会社はロックアウトをかけるとともに非組合員一六〇人の他にスト破りの臨時工(スキャップ)や組合切り崩しのための暴力団を雇いました。
組合は、深川石島町の貸席に闘争本部を置き、社長宅へのビラ貼り、支援団体への行商と宣伝、スキャップへのピケットなど展開しました。
 
  傷害致死事件で争議は敗北へ
 柴田は表面には出ないで、毎晩の対策会議、「何をなすべきか」(レーニン)の学習をすすめ青年たちを育てる活動に重点をおきました。
 争議は五六日間に及ぶ長期闘争になります。その間柴田は外部に対しても争議支援を働きかけ、印刷関連三五社からカンパを得ることに成功しました。警視庁は満州国皇帝が日本に来る前に争議を終わらせるために、東京モスリン金町工場争議でやったように、調停に入ってきました。しかし、会社は譲歩せず調停は不調となり決裂し争議は続きます。
 組合はスキャップ対策として「説得」とともに重傷を負わせない範囲で処置する「実力行使」を指示。そのなかでスキャップの一人が背負い投げを受けて死亡する事件が起こります。これにより、組合から多数の検挙者(柴田も含む)がでて、一挙に争議はつぶされ、七〇人復職、一〇人臨時工採用という警視庁労働・調停両課のあっ旋を受けざるを得なくなりました。争議は敗北に終わりました。

  戦争に抵抗する和工会
 柴田の周辺には多くの青年が結集してきましたが、一五〇人が失業し路頭に迷うことになります。柴田は、青年たちを組織化すること、失業した労働者の職場をみつけることを目標にした大衆組織として「和工会」を二六人で結成します。この和工会がこの後戦時体制下するなかで抵抗する印刷労働者の核になっていきます。      (続く)

【参考】「日本労働組合物語・昭和」(大河内一男、松尾洋、一九六五)
「戦時中印刷労働者の闘いの記録・出版工クラブ」(杉浦正男編、一九六四)


00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 79

2018/03/28
下町ユニオンニュース 2018年4月号より

戦前の下町労働運動史 その四一      小畑精武
  
東京モスリン亀戸・金町の闘い・下
    
亀戸工場は警察主導「円満解決」へ
一触即発の状況が亀戸工場で生まれました。不思議なことに、吾嬬警察が積極的に動きだし、「労資無用な闘争」を避けるために労資代表を吾嬬署に招いてあっ旋をすすめます。三四年六月一八日夜中の午後十一時に①希望退職の件を除き撤回、②希望退職は強制しない、③組合は大会決議を撤回、の条件で覚書を締結し、解決しました。「(検挙など)警察事故なく」「円満解決」です。三四年はこうした柔軟な警察の態度が目立ちます。 

 金町工場の争議
戦前の葛飾、江戸川は田んぼが広がる農村地帯でした。しかし、本所、深川から工場が移転したり、新工場が建設されたり、中小企業が新たに起業したり、徐々に工場が増えていきました。東京モスリンは亀戸地区に二工場あり、静岡県沼津にも工場がありました。葛飾金町工場は常磐線金町駅前の北側で、現在はその工場跡にUR団地ができています。
二八年にも争議を体験、三四年当時は七〇〇人が工員向上会という企業内組合に組織されていました。会社は組合裏切り者の買収、組合基金の乱費、まじめな組合員の解雇など向上会つぶしを進めます。組合は臨時大会を三四年十一月に開いて、企業内組合から脱皮し全員総同盟に加盟して紡織労働組合金町支部発足を決定。葛飾警察署の仲介で「組合加入の自由」を認めさせました。


当時の職場状況を女工の一人は総同盟機関誌「労働」に寄稿してます。「『今こそ私達は目覚めた』無自覚な私は何も考えずにただ働かされてきました。ところが会社は修養団を作って、工場全員に講習せしめ、同胞相愛・同胞相愛と唄わせ、便所、風呂、洗面所等の掃除までさせるのでした。工場で一生懸命労働してきた身体を休む暇もなく働かせるのでした。・・・労働賃金は下げられるばかりですが、それでも修養団は辛抱が第一だと教えます。私たちは日夜、休む暇もなく考えさせられました。そして、結局労働者は労働者同士が腕を組み合わさなければならぬことを知りました。」

  籠城ストライキへ
 会社は組合を認めたにもかかわらず、翌日から修養団の前衛、報国同盟を導入します。こうした会社からの攻撃に対して修養団のビラまきを止めた組合員を会社は解雇。警視庁は松岡駒吉総同盟会長を招いて円満解決をはかりますが、会社が拒否。
 組合は三五年二月十七日金町労働会館で従業員大会を開き、そこに籠城してストライキに入ることを決定します。当時の組合員は約七〇〇人、五〇〇人が女性でした。組合は総同盟労組がある吾嬬工場、沼津工場(亀戸工場の組合は全労)に同情ストを要請。吾嬬町の総同盟事務所に組合は六〇人を派遣しています。会社は、総同盟を工場から排除し女工を修養団に組織する方針で四八人を解雇します。

  満州国皇帝来訪で解決へ
 三五年二月に始まった争議は長期化していきます。四月には満州国皇帝溥儀が日本を来訪する予定。治安を憂慮する警視庁はあっ旋を試みました。その結果、三月三〇日に同庁調停課の立会いで労使が会見。四月七日には徹夜交渉の結果午前六時半に警視庁解決案が出され解決に至ります。
① 金町工場従業員は、その自由意思により現に工場内に存する団体に加盟しもしくは脱退の自由を有する、②会社は、さきに発表せる解雇者中男八名、女十名の復職を認め、従業員側は三十名の解雇を承認する、③既定の退職金の他に特別手当を支給する、④争議解決金を支給する、など六項目の覚書を結んで解決しました。

 【参考】●「日本労働組合物語・昭和」(大河内一男、松尾洋、一九六五)●日本労働総同盟機関誌「労働」●警視庁争議報告
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 78

2018/03/06
下町ユニオンニュース 2018年3月号より

戦前の下町労働運動史 その40  小畑精武

東京モスリン亀戸、金町の闘い・上    

 東京モスリンは一八九六年に東京モスリン紡織株式会社として設立された日本最初の毛織会社です。山内みなの自伝(本誌⒒⒓号)や細井喜久蔵の「女工哀史」(一九二五年)にその厳しい労働実態が明らかにされています。この年綿糸輸出量が輸入量を上回り、日本は繊維産業大国の道を歩み始めます。
東京モスリン亀戸工場(現文花団地)では一九〇九年に最初の争議が起っています。山内みなが最初に参加したストは一四年。この年第一次世界大戦が始まり、日本の綿布輸出が輸入を上回ります。その後も、二六年、二七年(亀戸工場)、二八年(金町工場)、二九年(吾嬬工場)と恐慌の時代には毎年争議が発生しました。さらに、東洋モスリンの大争議が三〇年に闘われ、三一年には日本の中国(満州)への侵略が本格化。三二年には日本の綿業は最盛期を迎え、三三年には日本の綿織物の輸出が世界一になりました。
 当時東京モスリンは、亀戸工場一〇六九名(男二五四、女八一五名)、吾嬬工場(墨田区)一六八七名(男二七九名、女一四〇八名)、金町工場(葛飾区)八二一名(男一六六名、女六三〇名)、沼津工場八一〇名(男一八〇名、女六三〇名)と八割が女性でした。
 東京モスリン 亀戸工場
   東京モスリン亀戸工場

 会社は業績不振を理由に三二年以降、昇給停止を行い従業員もそれを受け入れます。しかし低賃金の女性、青年労働者や家族持ちの労働者はたびたびの操業短縮による減収で生活が厳しく、定期昇給を求める声をあげます。金町工場を除く亀戸、吾嬬、沼津工場で全員の「定期昇給五銭」を要求することになり、定期昇給獲得実行委員会を三四年五月十八日に結成、社内組織工友会長はじめ交渉の代表者を選出します。亀戸工場には「全労紡織亀戸支部」、吾嬬工場には全労と総同盟の組合が組織され、両工場とも東京モスリン労働組合連盟に加入、全国労働組合同盟も支援を決定しました。

 賃上げ求め女性・青年が奮闘

 会社は昇給案(男子二銭、女子平均一銭三厘、最高三銭~最低一銭)を提示。これに対し低賃金の女性と青年は闘争心に燃えたものの、吾嬬、沼津など他の工場は会社案を受け入れます。高給者は闘争後の犠牲を恐れ消極的となり、女性・青年労働者を収める方向に向かいます。工場間の共闘も職場労働者の連帯も崩れたのです。会社は、従業員がサボタージュやストに入れば解雇も辞さずと強行姿勢を示し、ついに亀戸工場の労働者は会社案をのむことになりました。
交渉委員は総辞職しましたが、解雇者を出すことなく、二一日間の闘争に終止符が打たれ吾嬬警察署は「警察事故無く円満解決した」と警視庁に報告しています。

 「整理解雇」 会社の追い討ち
 定昇問題解決後一カ月もたたない六月一五日、会社は事業不振を打開するためにと、高給者と出勤率・作業能率が低下している女工一〇〇人ほどを整理解雇しようとする人員削減「合理化」をかけてきました。
応募者には、①退職金に上乗せ一割~一割五分の割増手当支給、②特別手当日給の六〇日分支給、③応募者がいない場合には指名解雇、④病気欠勤一か月以上は解雇などの条件を提示。これに対して、女工達は上部団体である全国労働組合同盟に直ちに連絡を取り、その日のうちに女工大会を開いて会社に整理案の撤回を申し入れます。会社は一蹴!
一〇〇〇人の従業員大会を午後二時から開催。その間機械の運転が止まり、工場長の説明には投石者が出る始末。説明に納得しない労働者は従業員大会に移り、「整理解雇絶対反対、工場長排斥、犠牲者絶対反対、問題への経費全額会社負担」の四項目を提出、ストも辞さない姿勢を示しました。会社は「至急本社と打ち合わせのうえ回答する」と述べ散会となりました。(続く)
 【参考】警視庁争議報告

00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)

下町労働運動史 77

2018/02/05
下町ユニオンニュース 2018年2月号より

戦前の下町労働史 その三九   小畑精武
  日本主義労働運動 (下)

  「労資融合・産業報国」

 神野は、最初は評議会関東金属労組(左派系)の造機船工労働組合に加入していました。会社からスイスに技術派遣された時、「支那人と犬は入るべからず」と立ち寄った上海の公園入口に書かれているのを見て仰天。「世界の労働者は団結せよ」と叫んできた欧米に対して不信感を抱き始めます。インドではイギリスから何百年も圧迫を受けている悲惨な状態を見て涙し、社会主義を捨てます。そして「世界の正義、人道も国家なくしてありうるものではない」と欧米に対する国家の自立を身にしみて感じます。さらに「日本は、日本の国を護るだけではいけない。東洋人種、いわゆるアジア民族のために、国境を固く締まらなければならない」と使命を悟り、社会主義から国家主義へ転じていきました。

 スイスでみた労働組合主義
 スイスでは当時の日本の争議とは全く違い、整然とした六千人のストライキにびっくりします。スト予告は開始三日間以前、職場占拠のないスト、ストに備えた機械への油注入、組合幹部への絶対服従、交渉団への法律経済の専門家参加、会社帳簿の調査など、百年前の(今でも?)日本では考えられないストのあり方、団交結果として賃金の一割カットの承認・スト解決にもビックリしました。

 日本主義労働運動を広げる
 神野は帰国後、労働組合(評議会)と別れ、明治天皇の死に殉じた乃木将軍夫妻の日本家族主義と親分・子分の精神を評価するに至り、自己修養の場として乃木講を設立。乃木講で教育勅語を読み日本主義労働運動の核づくりを進め、広めていきます。そこから「悪い労働組合があればその半面には良い労働組合がなければならぬ」と自彊組合結成の意義を強調しました。
神野は安岡正篤が設立した右翼思想団体の金鶏学院に入り、「目前の実行、日常生活の闘争を主旨とせず、精神教化の結果が日本改造の原動力となることを期して、その指導者の育成に努め」、『労使融合』『産業立国』をスローガンとする日本主義労働運動を提唱し広めていきました。

  購買組合、病院を設立
 自彊組合は独自に購買組合(消費組合)を組織したこと、さらに「労働者及び家族の診療所」として病院を経営したことも見逃せません。この病院には大学関係の医者が無料で協力。こうした組合を内務省は「日本一」と評価します。消費組合は純労働者組合を組織し亀戸事件で虐殺された平沢計七が二一年一〇月に共働社という消費組合を組織していました。診療所は賛育会や馬島僩(ゆたか)が関東大震災直後本所松倉町につくった労働者診療所などが設立されていました。
自彊組合病院
自彊組合が設立した病院(「自彊」=自ら勉めて励むこと)

 結局は産業報国会へ
 一九二九年に自彊組合は企業別労組である横浜船渠(造船所)、浦賀船渠と武相労働連盟に参加、三〇年には一万四千人の日本造船労働連盟と改称、勢力拡大をはかっていきます。三三年にはメーデーが分裂し右派は「愛国労働祭」を開催、三一年には一三二か所四六、八六八人参加だったメーデーは三三年第一四回メーデーでは全国六六か所、二七、六三九人に激減していきました。
 神野信一は三三年九月に死去。その後自彊組合は三五年一〇月に愛国労働団体の全国的統一をすすめます。三八年七月に石川島自彊組合は解散し、全国初の事業所“産業報国会”を設立することになります。

【参考】「日本労働組合物語 昭和」(大河内一男、松尾 洋、筑摩書房、一九六九)
「昭和の恐慌」(「昭和の歴史2」中村正則、小学館、一九八二)「神野信一講演集」(社会運動往来社、一九三二) 
00:00 下町労働運動史 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »